2014年4月アーカイブ

偏頭痛持ちは二日酔いに注意!

お酒が大好きな人は飲みすぎに注意!

忘年会や新年会、普通の仲間との飲み会など日本人の多くの人は普段からお酒を好んで飲みます。

しかし、お酒を大量に飲むことがあるとどうしても怖いのが二日酔いです。

二日酔いのなんとも言えない気持ち悪さは耐え難い苦しみです。

故に休みの前の日とかに飲み会をする人が多いですが、二日酔いでせっかくの休日を潰してしまった人もたくさんいると思います。

その時は具合が悪くてそれどころではないのですが、日曜日になって「あぁ、なんで昨日は二日酔いで潰れてしまったのだ」と嘆くサラリーマンの方も多いはずです。

その後悔とじっとりと残った頭痛が残念さを増します。

二日酔いで「頭痛」になる?

二日酔いで一番嫌なのがやはり頭の痛み。

まるで海に三日間浮かされていたかのような三半規管が狂った痛み。

これになってしまうとどうしてもなにもできなくなってしまいます。

特に元から慢性頭痛を持っている人や偏頭痛を持っている人はこの二日酔いが最大の的ともいえます。

なぜ二日酔いが偏頭痛には良くないのかというと、アルコールによって血管が膨張し、それによって偏頭痛が悪化するのです。

二日酔いの偏頭痛は気持ち悪さと頭痛と吐き気が伴うのでまさに最悪の症状と言えます。

二日酔いで頭痛にならないためには!

では対策としてはどうすればいいのかというと、それは寝る前にアルコールを分解する準備をすることです。

アルコールは体内に入ると肝臓がそれを分解しようとするのですが、そのときに大量の水分を必要とします。

だから飲み会の後に眠るときは水と500ミリリットル程度飲むことで翌朝の症状の緩和になります。

同時に脱水症状の緩和のためにスポーツドリンクを摂取するのが良いです。

あとはお茶やコーヒーなどのカフェインを多く含む飲料を飲むことによって緩和されることもありますし、首筋を冷やすことで血管が縮小して症状の緩和になることもあります。

タグ

2014年4月24日

偏頭痛の改善への道 (16:24) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

このページの先頭へ