偏頭痛についての最近のブログ記事

吐き気の伴う偏頭痛は危険!

具合が悪いと吐き気をもよおすことがあります。頭がガンガン痛んでしまって目の周りがくらくらして気持ち悪くなることがある人はなおさら注意が必要です。そこで少し怖い話を今日は紹介したいと思います。

それは偏頭痛のことなのですが、吐き気を伴う偏頭痛を一度体験してしまうと恐ろしいことになるので、その経験がある人はまずはどこかで診察してもらうか、もしくは自分の生活を改善して健康体を作ることが大切です。

現代は生活環境が整っているとはいっても生活リズムが整っていない人が多く、睡眠不足になっている人やストレス・疲労を溜めこんだまま毎日生活している人も少なくないです。しかしこれは身体を自ら不健康にしていると同じことなのです。例えばガソリンのない車を走らせることはできません。

人間の身体も同じでエネルギーがないと働くことができません。しかし日本の社会はそういったことを認めてもらえることが少なく、ついつい無理をしてしまう人がたくさんいます。

そういった人が腰痛や偏頭痛などの心身の病気になることが多いです。まずは普通の頭痛と思わずに「ちょっと頭がくらくらするなぁ」って思うときは休息をとることも重要です。特に吐き気を伴う偏頭痛の激痛を体験している人は今すぐにでも病院に行ったほうが良いです。それは命にかかわる病気かもしれないからです。

ただの偏頭痛からくる吐き気なら環境を改善することで良くなりますが、吐き気と頭痛には密接な関係があって、くも膜下出血や慢性硬膜下出血、脳炎、髄膜炎などの命に係わる問題の病気を引き起こす原因にもなります。

これらは記憶障害や運動麻痺さえも引き起こす最悪の病気なので、ちょっとの頭痛と侮ってはいけません。ましてや吐き気をもよおす頭痛の時は違う病気も孕んでいるので、躊躇せずに病院に行きましょう。

タグ

2014年5月19日

偏頭痛の改善への道 (11:18) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

偏頭痛が起きる年齢で最も多いのは?

頭がズキンズキンまるで何かに刺されているような痛みを伴う偏頭痛。これが最近は押し寄せてくるように人間の頭を襲撃することもあって、日本では頭痛に悩まされている人もたくさんいます。この頭痛は普通に日常生活を送っていてもふとやってくることもありますし、何かをきっかけにしてやってくることもあます。

偏頭痛になるとどういう症状がおこるの?

頭痛ということでまずは頭が痛くなります。頭の痛みは人それぞれで片方が痛むことを偏頭痛というのですが、最初から両方の頭が痛いこともあるし、片方だけ痛かったのにそこから両方の痛みになってくることもあるので、一概には言えませんがその痛みは波があります。

さらに吐き気やめまい、記憶障害などになることもあって、頭痛は侮れない病気なので注意する必要があります。風邪が万病の元になるように頭痛も頭の病気を孕んでいる可能性もあるので、少しでも頭が痛いと思った時は身体からのシグナルということを覚えておいてください。

偏頭痛がおこる年齢って?

この偏頭痛が起こる年齢も様々と言われていますが、子供のころはあまりないです。一番多い年代は壮年期の時期で、壮年期は約25歳から44歳までなので、一番働き盛りということになります。

この時期は仕事による影響や生活環境がめまぐるしく変わる時期を経験する人も多くて、それが偏頭痛誘発の原因になっています。

極度のストレスや生活環境の変化、不規則な生活による睡眠不足や睡眠過多、そういったことが頭痛を引き起こす引き金にもなるので、しっかり注意して生活するのが一番良い対策と言えます。

偏頭痛は人によってその症状や痛み、原因なども変わってくるので、市販の薬で対処しようとせずにまずは症状にあった治療法を試すことがおすすめです。

タグ

2014年5月16日

偏頭痛の改善への道 (11:45) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

香水からくる偏頭痛もある!?

みなさんは偏頭痛になっていますか?偏頭痛は日本人なら誰もが経験したことのある頭痛の一種で頭の片側が極度に痛くなることです。

しかし、症状は人によって様々で、ズキンズキンと痛む人からじんわりと痛くなって徐々に激痛に代わっていく人、最初から片方ではなく頭全体が痛くなる人もいます。これはいわゆる脳の痛みの一つなので、頭蓋骨が痛む感覚になる人もいます。この恐ろしい偏頭痛になっている人が日本人にはとても多くみられるので、その原因と対策を知っておく必要があります。

なかでも一番代表的な原因は、睡眠不足・過多やストレス、運動不足などがあります。基本的には人間の身体に関すること全般が連動して偏頭痛を引き起こすこともあるので、身体に不調がある場合はそれを的確に治していく必要があります。

この多種多様な原因のある偏頭痛はちょっとしたことでも誘発されることがあって、香水などでも引き起こされることもあります。風邪が万病の元と言われるように、身体の小さな不快感や不調が大きな病気につながることも少なくないです。

香水には少なくとも人間の鼻を刺激する要因になります。これは良い香りでも悪い香りでも人の鼻にとって刺激であることには変わりないです。それが慢性頭痛を引き起こしてそこから偏頭痛になることもあります。地下鉄やエレベーターなどに一緒に乗っている人が強烈な匂いの香水をしていて、その匂いを嗅いでいると気持ちが悪くなって頭が痛くなることがあります。そういったことが偏頭痛を誘発する原因にもなっています。

 脳が悪臭の刺激を受けることでストレスを感じ、そこから脳内の血管に反応・拡張し、それが原因で偏頭痛にもなるので、極力そのような刺激を受けないようにすることが必要となってきます。

タグ

2014年5月12日

偏頭痛の改善への道 (13:10) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

睡眠不足と頭痛の関係とは?

「最近眠っていないなぁ」という言葉をよく聞きます。

日本人は仕事や学校などの規則正しい時間の流れでいきているはずなのに、仕事の悩みや学校の悩みによって睡眠障害になっている人が多くいます。さらに悪いことに、この不眠症は性格的な面としてとらえられることが多く、日本では病気とあまり認識されていないことも問題になっています。

諸外国では不眠症は様々な病気につながることから、病気として認識されています。


不眠症からおきてしまう病気って!?

そんな中最近は不眠症によって引き起こされる頭痛に悩まされている人も多くいます。「眠れない」もしくは「眠らない」ことが多い日本人は睡眠不足によって様々な頭痛を自己的に誘発してしまうことがあります。

寝不足でもたらされる頭痛にはいくつか種類があって、中でも一番有名なのが現代病の一種でもある偏頭痛。これになってしまうと日常生活に支障が出るくらいの痛みが頭に走るということもあって、重度になってしまうと数日間にまでおよびその痛みが続くこともあります。人によって症状は違いますが、痛みを伴うことには相違ないので、しっかりした対策が必要になってきます。

睡眠不足が頭痛の原因となる理由は、眠れないことで脳がしっかりした休息をとることができずに、ストレスがたまるからであって質の高い睡眠ができている人は、脳の休息がはかどるので偏頭痛になりにくいと言えます。

さらに、睡眠不足で脳が休めないことで身体も休むことができず、悪いスパイラルに陥っていくことによって症状が悪化する人もいます。

対策としては、毎日の生活習慣の中で規則正しい生活を送ることによって身体の健康的なリズムを作り、そのリズムに乗ることで極端なストレスを減らすことが最良です。

タグ

2014年5月 9日

偏頭痛の改善への道 (16:39) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

偏頭痛持ちは二日酔いに注意!

お酒が大好きな人は飲みすぎに注意!

忘年会や新年会、普通の仲間との飲み会など日本人の多くの人は普段からお酒を好んで飲みます。

しかし、お酒を大量に飲むことがあるとどうしても怖いのが二日酔いです。

二日酔いのなんとも言えない気持ち悪さは耐え難い苦しみです。

故に休みの前の日とかに飲み会をする人が多いですが、二日酔いでせっかくの休日を潰してしまった人もたくさんいると思います。

その時は具合が悪くてそれどころではないのですが、日曜日になって「あぁ、なんで昨日は二日酔いで潰れてしまったのだ」と嘆くサラリーマンの方も多いはずです。

その後悔とじっとりと残った頭痛が残念さを増します。

二日酔いで「頭痛」になる?

二日酔いで一番嫌なのがやはり頭の痛み。

まるで海に三日間浮かされていたかのような三半規管が狂った痛み。

これになってしまうとどうしてもなにもできなくなってしまいます。

特に元から慢性頭痛を持っている人や偏頭痛を持っている人はこの二日酔いが最大の的ともいえます。

なぜ二日酔いが偏頭痛には良くないのかというと、アルコールによって血管が膨張し、それによって偏頭痛が悪化するのです。

二日酔いの偏頭痛は気持ち悪さと頭痛と吐き気が伴うのでまさに最悪の症状と言えます。

二日酔いで頭痛にならないためには!

では対策としてはどうすればいいのかというと、それは寝る前にアルコールを分解する準備をすることです。

アルコールは体内に入ると肝臓がそれを分解しようとするのですが、そのときに大量の水分を必要とします。

だから飲み会の後に眠るときは水と500ミリリットル程度飲むことで翌朝の症状の緩和になります。

同時に脱水症状の緩和のためにスポーツドリンクを摂取するのが良いです。

あとはお茶やコーヒーなどのカフェインを多く含む飲料を飲むことによって緩和されることもありますし、首筋を冷やすことで血管が縮小して症状の緩和になることもあります。

タグ

2014年4月24日

偏頭痛の改善への道 (16:24) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

このページの先頭へ