偏頭痛が起きる年齢で最も多いのは?

頭がズキンズキンまるで何かに刺されているような痛みを伴う偏頭痛。これが最近は押し寄せてくるように人間の頭を襲撃することもあって、日本では頭痛に悩まされている人もたくさんいます。この頭痛は普通に日常生活を送っていてもふとやってくることもありますし、何かをきっかけにしてやってくることもあます。

偏頭痛になるとどういう症状がおこるの?

頭痛ということでまずは頭が痛くなります。頭の痛みは人それぞれで片方が痛むことを偏頭痛というのですが、最初から両方の頭が痛いこともあるし、片方だけ痛かったのにそこから両方の痛みになってくることもあるので、一概には言えませんがその痛みは波があります。

さらに吐き気やめまい、記憶障害などになることもあって、頭痛は侮れない病気なので注意する必要があります。風邪が万病の元になるように頭痛も頭の病気を孕んでいる可能性もあるので、少しでも頭が痛いと思った時は身体からのシグナルということを覚えておいてください。

偏頭痛がおこる年齢って?

この偏頭痛が起こる年齢も様々と言われていますが、子供のころはあまりないです。一番多い年代は壮年期の時期で、壮年期は約25歳から44歳までなので、一番働き盛りということになります。

この時期は仕事による影響や生活環境がめまぐるしく変わる時期を経験する人も多くて、それが偏頭痛誘発の原因になっています。

極度のストレスや生活環境の変化、不規則な生活による睡眠不足や睡眠過多、そういったことが頭痛を引き起こす引き金にもなるので、しっかり注意して生活するのが一番良い対策と言えます。

偏頭痛は人によってその症状や痛み、原因なども変わってくるので、市販の薬で対処しようとせずにまずは症状にあった治療法を試すことがおすすめです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月16日

偏頭痛の改善への道 (11:45) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://elazigfotofest.net/elazigfotofest/mt-tb.cgi/5

コメントする




« こめかみに梅干しで偏頭痛が治る? | ホーム | 吐き気の伴う偏頭痛は危険! »

このページの先頭へ