吐き気の伴う偏頭痛は危険!

具合が悪いと吐き気をもよおすことがあります。頭がガンガン痛んでしまって目の周りがくらくらして気持ち悪くなることがある人はなおさら注意が必要です。そこで少し怖い話を今日は紹介したいと思います。

それは偏頭痛のことなのですが、吐き気を伴う偏頭痛を一度体験してしまうと恐ろしいことになるので、その経験がある人はまずはどこかで診察してもらうか、もしくは自分の生活を改善して健康体を作ることが大切です。

現代は生活環境が整っているとはいっても生活リズムが整っていない人が多く、睡眠不足になっている人やストレス・疲労を溜めこんだまま毎日生活している人も少なくないです。しかしこれは身体を自ら不健康にしていると同じことなのです。例えばガソリンのない車を走らせることはできません。

人間の身体も同じでエネルギーがないと働くことができません。しかし日本の社会はそういったことを認めてもらえることが少なく、ついつい無理をしてしまう人がたくさんいます。

そういった人が腰痛や偏頭痛などの心身の病気になることが多いです。まずは普通の頭痛と思わずに「ちょっと頭がくらくらするなぁ」って思うときは休息をとることも重要です。特に吐き気を伴う偏頭痛の激痛を体験している人は今すぐにでも病院に行ったほうが良いです。それは命にかかわる病気かもしれないからです。

ただの偏頭痛からくる吐き気なら環境を改善することで良くなりますが、吐き気と頭痛には密接な関係があって、くも膜下出血や慢性硬膜下出血、脳炎、髄膜炎などの命に係わる問題の病気を引き起こす原因にもなります。

これらは記憶障害や運動麻痺さえも引き起こす最悪の病気なので、ちょっとの頭痛と侮ってはいけません。ましてや吐き気をもよおす頭痛の時は違う病気も孕んでいるので、躊躇せずに病院に行きましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月19日

偏頭痛の改善への道 (11:18) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:偏頭痛について

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://elazigfotofest.net/elazigfotofest/mt-tb.cgi/6

コメントする




« 偏頭痛が起きる年齢で最も多いのは? | ホーム

このページの先頭へ